コーヒーの違い

妊娠中はカフェインの取り過ぎが良くないので、成分の表示をよく確認してしまうのですが、コーヒーには種類がある事を知りませんでした。

「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」という法律で,100g中,生豆換算で5g以上→コーヒー、 100g中,生豆換算で2.5~5g未満→コーヒー飲料、 100g中,生豆換算で1~2.5g未満→コーヒー入り清涼飲料と分かれているそうです。

子供にもあまり飲まさない方がいいと思っていたのですが、コーヒー入り清涼飲料の含まれている量は微量なんですね。苦い物は飲めませんが、甘い物は美味しいと分かっているので欲しがります。

コーヒーと書かれているものはあてえないように気をつけようと思います。カフェインにはいいと言われている作用もありますが、子供や妊婦さんは控えるようにいわれているので、大人の人も飲み過ぎは気を付けないといけないですね。

コーヒー大好きですが、出産、授乳中は我慢します。

This entry was posted in 未分類. Bookmark the permalink.

Comments are closed.